PROFILE

ファッションの原点は

  子供の頃のお姫様の画

子どもの頃から好きだったのは絵を描く事。

 

色をたくさん使って描いていたお姫様の画を絵画教室の先生に「色使いが綺麗ね」と褒められるのが嬉しかったことを覚えています。

小学生の時、編み物が得意な祖母に自分でデザインしたセーターを編んでもらいました。

 

赤に五線譜の模様のセーターは、私のお気に入りに。

ito.png
ボタン.png
pin.png

雑誌Oliveのように

ファッションで個性を表現したい

10 代の頃、好きだった雑誌は「Olive」

個性的で自分を主張できるファッションに興味を持ち、高校卒業後は服飾専門学校へ進学。

その後 30 代半ばまでアパレルメーカーで主にパタンナーとして働くようになったものの、そこで大量生産大量消費の洋服たちを目の当たりにして、疲弊するように。

退職後は、フリーのパタンナーとして活動をスタート。

技術の基本を学び直そうと、数多くのブランドのデザイナー・パターンナー、またパリ・コレクション等の国際的なショーのパターンも経験されている、大隅貴紗先生のパターン教室へ。

同時期にシンガーの友人からステージ衣装制作を依頼され、少しずつオーダーで洋服作りをスタート。

ファッションを楽しむのに制限なんてない

みんなと同じだったり、年相応や流行に囚われすぎるファッションではなく、自分を爆発的に表現できるおしゃれを提案していきたいと思い、エイジレスな大人のためのオートクチュールショップ nikonoiをスタート。

いくつになっても全身全霊でファッションを愛し、愉しむことは、私らしく自由に生きることそのものなのだから。

プライベートでは一児の母でもあり、子供の習い事のステージ衣装やおうちの中のインテリア小物などの制作も手がけている。

カエル.png
snow.png
bag.png

<プロフィール>

 

バンタンデザイン研究所

パターンモデリスト研究科卒

アパレルメーカー勤務 約15年

主にパターンを担当

2010年~ 

フリーランスのパタンナー、サンプル縫製業

 

2014年~ 大隅貴紗氏に師事、

個人向けのパターンメーキングを学ぶ

 

2016年~ SK ON THE EDGE 
フィギュアスケートオーダー衣装

制作アシスタント、パターンを担当

SK ON THE EDGE  Instagram

2018年~   nikonoi

あなた本来の魅力をひきだすような服を作りませんか?